デビットカードはクレジットカードの代用になる?

デビットカードの仕組みは?

デビットカードは預金口座のお金をATM等を通さずに決済できる機能があるカードで、対応している場合は、預金のキャッシュカードに機能が付けられていることが多いです。どちらかと言えば、クレジットカードの国際ブランドの決済システムを利用して支払う形のカードが主流になっていて、各国際ブランドの加盟店で利用できることが多いです。ネットショッピングで利用する際の認証サービスも利用できますので、ネットでも安心して決済できます。気をつけなくてはいけないのが、預金残高イコール利用限度額となってしまい、その場で決済されることもあるため、充分なお金を口座に用意しなくてはいけないことと、実質無審査で利用が認められることから信用度が低く、一括払いのみとなり、分割払いが選択できないことがあります。また、ガソリンスタンドや一部加盟店、月々の料金の支払いの用途では、利用が認められないことがあるので、充分注意してくださいね。

どんな使い方をすると便利?

クレジットカードでは、審査の上で決められた利用限度額の範囲内であれば、何度も立替払いをしてもらえるため、手元にお金がなくても利用できるメリットがあります。ただ、つい気が大きくなって、使いすぎる心配もありますよね。デビットカードであれば、利用金額をある程度決めておいて、計画的に使うことができます。預金残高を見れば、何に利用したか管理もしやすいでしょう。また、銀行の営業時間外の場合は、提携のATMを利用しなくてはいけないので、お金を下ろすのに手数料がかかることがありますが、デビットカードで決済すれば手数料はかかりませんので、その分節約することもできますよ。細々したものはデビットカードで、高額で分割払いしたいものはクレジットカードでと、使い分けをするとお金の管理がしやすいのではないでしょうか。

債務整理をしている人でも使えますか?

多くのデビットカードでは、加入時に審査を行わないため、債務整理をして信用情報に記載がある方でも利用できます。ただ、預金口座に当座貸越機能が付けられている場合は、決済不能時に一時的に立替払いするので、審査が必要な銀行もあります。信用情報に不安があるなら、当座貸越が付けられていないものを選ぶといいでしょう。銀行によっては、加入は無審査で認められていても、利用履歴は信用情報に記載すると明記してある所もあります。決済不能となることを避けられるよう、できる限り充分なお金を口座に用意するようにしてください。そうでないと、ますます悪い情報が記載されますし、更新時にデビットカードの発行が見送られ、通常のキャッシュカードに変更されてしまうことがあります。

決済代行事業者とは、事業者の顧客からの売上等の金額を一時的に受取り、まとめて事業者に支払うことを事業としています。支払を受ける事業者は、決済がまとまるうえ確実なので便利です。