無駄にしない資産運用!ローリスクローリターンのファンドラップ

ローリスクローリターンの投資方法とは

資産形成に成功してきた人にとって、その資産を減らさないようにしつつ少しでも増やしたいという気持ちは強いでしょう。しかし、投資は基本的にはハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンであり、どのようなバランスを選ぶかが重要になります。ローリスクローリターンの典型例は銀行や郵便局などに預けることです。しかし、それよりも少しでも増やせる可能性を高めつつ、原本割れを起こさないようにしたいと考えると選択肢はそれほどありません。

ファンドラップで大切な比較点

ファンドラップはローリスクローリターンの投資方法として着目する価値があります。特に投資の初心者にとって有用なのがファンドラップであり、基本的な運用は全てプロに任せることが可能です。そのため、運用して成績を上げてもらうことが必要になるという視点が欠かせません。ファンドラップでは資金を投入する会社を選ぶことが重要になります。その時点で誤ってしまうと資産が少しも増えずに頭を抱えてしまうことになるでしょう。

満足できないなら切り替えも大切

ある会社のファンドラップに投資をしてみたけれど、満足できる結果が返ってこないというときにはすぐにでも切り替えるのが大切です。そのまま待っていても増えることはないと考えるのが無難でしょう。会社によって運用の能力には大差があります。少なくともその時期にはその会社は運営が苦手であると判断して、引き上げてしまうのが安全策です。うっかり資産が減ってしまわないようにするには引き際が大切になると肝に銘じておきましょう。

ファンドの会社を選択するためには、その会社でのファンドを運用している担当者が有名なファンド・マネージャーなのかどうかという情報も必要です。