実務者研修の受験対策を知って合格をしよう

介護福祉士の資格を取る人にお勧め

実務者研修と介護福祉士受験対策セットの講座を受けると、実務者研修と筆記試験対策が出来るためお得です。介護福祉士の国家試験を受けるには、実務経験を3年行います。その後実務者研修を受講年度の6月末までに申込をして、12月末までに修了しないといけないです。受験資格は受講を修了しないと得られないため、注意が必要です。実務者研修を受けたら、介護福祉士の試験を受けます。合格すると、介護福祉士として働く事が出来ます。

受講は早めがお勧めになる

平成28年度以降から介護福祉士の国家試験には、実務者経験が3年以上が受験資格として必要です。それに加えて、実務者研修の終了も必須になっています。実務者研修は、介護職員基礎研修やホームヘルパーの1級に相当します。介護福祉士の試験は受験者が毎年15万人もいるため、人気のある試験です。このため、講座も人気があり満席になりやすくなっています。希望の校舎や曜日等が希望がある人は、早めの申し込みをする事がお勧めになります。

本気で合格を目指したい方向けの講座を受ける

介護福祉士の国家試験の合格率は、全国の平均で約60%です。この数値は独学で目指すには厳しいため、国家試験対策講座を設けている所があります。この講座を受けると、介護福祉士に合格出来るためのノウハウを勉強出来ます。プロの講師から過去の問題から傾向を知る事が出来て、最新の出題傾向を分析してくれます。受講生に分かりやすく必要な知識を教えてくれて、本気で合格を目指す人には人気です。実務者研修とセットの講座もあるため、お得に受けられます。

実務者研修は、高度な経験を積んだスタッフを対象とした実施されることがあり、仕事上の問題解決に役立ちます。